閑話の杜(かんわのもり)

アクセスカウンタ

zoom RSS 西洋医学だけが医学じゃない。

<<   作成日時 : 2009/09/23 15:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

インカの医術「祈りと薬草」存続危機…後継者不足;読売新聞

ボリビアの伝統医療が、西洋医学と比較して非科学的であるという理由で
一時期は取締りの対象となったらしい。
現在も後継者の減少が続いており、存続の危機である。

貴重な伝統文化が途絶えることになり、非常に悲しむべきことである。
確かに、西洋医学は病気のメカニズムを解明し、それをベースとした
治療法を開発し効果をあげていることは事実である。
しかし、西洋医学をもってしても治療効果が上がらない病気が多々ある。
逆に薬を処方し続けることでむしろ病気を長期化させたり、悪化させたり
するケースもある。

そのあたりに西洋医学の限界があるだろう。
ある病気に関して、部分を取り出してそのメカニズムを解明し、それで全てが
解決したような気になったりするが、実はそれは全体の一部であり、
人間の体とはもっともっと多くの要因が密接に絡み合っているもの。
よってその部分だけ治療しても、別の部分に影響が出てきたりするケースは
少なくない。

医術とは、単に病気そのものを治療するのみではないと思う。
患者の不安を取り除いてやること。
また、死は避けられないものであるから、いかにその死を受け入れ
心安らかに臨終の時を迎えることができるか
・・・なども医術そのものではないだろうか。

西洋医学のみでは、そこまで包含することは難しいだろう。
逆に伝統医療のなかには、西洋医学より遙に長い間、人の死
と向き合ってきた歴史があり、西洋医学にはない死生観が存在
するのではないだろうか。

科学的で無いという理由だけで切り捨てて欲しくない。
そもそも世の中って、科学で解明されていないことだらけだし。


画像














作品;chairs
撮影;小萩園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西洋医学だけが医学じゃない。 閑話の杜(かんわのもり)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる