閑話の杜(かんわのもり)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「○○連」とか「○○派」とか・・・。

<<   作成日時 : 2009/05/10 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

【さらば革命的世代】第4部キャンパスはいま(1)宙に浮いた億単位の学友会費;産経ニュース

今日の記事については、実は書いてある内容はいまいちピンと来ない部分
もありますが、記事中の写真の赤いヘルメットに目が留まりました。
なんか懐かしいというか学生時代を思い出しました。
もちろん学生運動全盛期を知っているわけではありません。
その頃は生まれたばかりだし、僕が学生の頃はバブル全盛期でしたし。

ただ、大学内では時々ヘルメットをかぶった人たちを見かけたりしました。
貼り紙をしたり、拡声器でなんか叫んだり、授業の前にドカドカ入ってきて
集会への参加を呼びかけたりしてました。
ただ、当時はバブルの絶頂期でもあり、学生はみんなバイトやサークルで
忙しく、ヘルメットの人たちの呼びかけに関心を示す学生は皆無でした。
でもある日のこと、僕は授業前に配られたビラが気になって手にとって読んでいると
ヘルメットの人たち3人に囲まれて、「今夜の集会に来い!」と言われました。
たぶん教室全体でビラを手にとって読んでる学生は僕一人で、それで目立って
しまったのでしょう。
ぼくはとっさに「夜はバイトで忙しいし、明日提出期限のレポートもあるし」と
うそをついてしまいました。
それでもヘルメットのひとたちは「バイトより集会が大事だ!」と食い下がってきましたが
僕が非常に困った表情をしてると、あきらめて出て行きました。
ヘルメットの人たちを間近で見たのはそれが初めてで、明らかに学生ではなく
年齢も30歳前後でした。
就職とかしてないのか?運動にすべてを捧げちゃったのか?
そのひとたちが教室を出て行ってほっとした反面、すごく気になりもしました。
ただ、ビラの内容は成田空港反対とか○月○日の三里塚闘争に大勝利とか。。。
成田空港はもう出来てるし、大勝利とか言っても新聞やニュースでもなんも言ってないし?
なんだかよくわからないものでした。
あのヘルメットのひとたちは今どうしてるんだろう?

今日の記事で、そのヘルメットが学校の歴史資料として展示されることになったそうで、
完全に過去のものになってしまったんだなと思いました。

その人たちの活動が正しかったのか、間違いだったのか
判断するだけの材料を私は持ち合わせていませんが、
とにかく一生懸命だったのはわかります。
バブル期で楽しいことばかりの日々でしたが
それがきっかけでほんの一瞬ではありましたが、自分の楽しい毎日と学生運動を
対比させて考えたりもし、何冊か当時の学生運動に関する本なども読んだりした
僕のような学生も居たということはヘルメットのひとたちに伝えたいような気がします。

朝から長文失礼しました。


画像















soprano(goron)
撮影;菊池渓谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

ノッポさんより長く生きていても、学生運動のことはよくわかりませんが…
何を指針にするか、何を信じるか、、、
時代は変わってもその人その人で違うものですね。
ちょっと外れるかもしれませんが、
同じ24時間でも寝てすごすこともあれば、
遠くまで行き日常と違う景色や人に出会うこともある。
その時その時で全く違うものだけど、それも日常なんだと気付きます。
だからこそ1人でも行動したいと思うようになったのかもしれません(*^_^*)


ゆらら
2009/05/13 12:58
こんばんわ

何を信じるかかぁ
ヘルメットの人たちと当時の学生は全く違うものを
信じてたんだよなぁ。

さて、自分は今何を信じてるんだろう。
本業では少しでも一歩前にすすんで、社会に
貢献できればと思ってますが。
でもこれって何かを信じるってのとは違うかな。

どちらかというとまずはいろんなものを疑って見てる
ような気がする。
なるべく自分の目で見て、自分で判断してってことを
大事にしてます。
ただ、そこまで自分の感覚とか感性とかって信用する
に値するんだろうか?
・・・難しいですね。
のっぽ
2009/05/13 20:22
そ〜ですね、私も似たようなもの。
歳とともに経験も増えて信じることに警戒してるかもしれません。
周りに惑わされず、自己判断でやらないとね。

正しいとか間違っているとか、100%当たっているワケじゃないんです。
ただ自分が見て確かめて納得すれば、後悔も少なくなる。
ホントなかなか難しいものですが…





ゆらら
2009/05/13 20:48
そうですね。

自分で見極めて納得づくだと
後悔も少ないでしょうね^^
のっぽ
2009/05/14 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「○○連」とか「○○派」とか・・・。 閑話の杜(かんわのもり)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる