閑話の杜(かんわのもり)

アクセスカウンタ

zoom RSS 半島の悲しい性

<<   作成日時 : 2009/05/26 20:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

北朝鮮が再びミサイル発射=日本海上に短距離2発;時事通信

北朝鮮、おとといの核実験に続いて昨日と今日はミサイル発射。
それも日本には届かない短距離ミサイル。
まさに恫喝外交真っ盛りです。
まあとにかく、脅すだけ脅して、関係国から何らかの譲歩を引き出す狙いでしょうが
そう何度も甘い汁は吸えないのではないでしょうか。
日本はさらに強硬な態度を示すことになるだろうし
中国やロシアも今回はさすがに北朝鮮を擁護しないでしょう。
そんなことしたら両国とも自国の国際的信用を失うことになります。
さらにオバマもこれで譲歩などしたら、国民や世界全体に示しがつきません。


【盧前大統領死亡】追い詰められ自殺か;産経ニュース

もうひとつのニュースですが、ノムヒョン元大統領が自殺しました。
本人や親族に収賄の容疑で捜査の手か及んでいたそうで
かなり追い詰められてたのでしょう。
韓国の大統領は、退任後本人か親族が必ず逮捕されます。
大統領が変わって、主要ポストの人事も総入れ替えになるので
これまで効いてた抑えが効かなくなり、捜査の手が及ぶようです。
韓国では大統領に強大な権限が与えられているせいか、側近の人事やそれ以外の
主要ポストなども縁故者で固めてしまうことが可能です。
そうなると、うまく賄賂を使ってでも権力者に取り入ることができれば主要ポストに就けるわけで
こんなおいしい話はありません。
ひとりの出世頭に知人や親族もろとも一気に群がってくる極度の縁故主義社会のようです。

この2つのニュースは、一見別物のようですが
実は根っこの部分でつながってるような気がしてなりません。
恫喝外交も極度の縁故主義も、うまく取り入って得をするという部分で共通しています。
そこには自ら努力してそれに見合う成果や報酬を得ようとする姿勢がありません。
むしろまっとうな努力をするものは馬鹿を見る。そんな共通点があります。
日本人の中には、多少なりとも武士道があります。
ズルをして報酬を得て何になるのか?
それよりもちゃんと努力して実力をつける道を選ぶのではないでしょうか。
ここに島国の民族と大陸に突き出した半島に住む民族との大きな違いがあるのかも。
島国は海で隔てられている分、外部の強大な勢力から隔離されています。
島の中での競争はあるものの、程度としてはたかが知れています。
しかし、大陸では争いの規模も大きく、特に大陸に突き出した半島の民族は
常にその大国同士の争いに巻き込まれて、自国の運命を翻弄されてきました。
そういった歴史の中で、地道に努力することよりも、大きな勢力に取り入ったり縁故を通じて少しでも
得をしたほうが楽、といった文化の下地が出来上がっていったのかと思われます。
また、その巨大勢力に卑屈に擦り寄っていくことの反動で、いわゆる「恨」の文化も生まれたのだと思います。
私のようなふつうの日本人にとっては、「恨」の文化なんて自己矛盾以外の何者でもないのですが・・・

・・・半島の歴史や現在の姿、相変わらず反日を掲げておきながら日本を頼ってくる姿など、
考えるといつも悲しくなります。


画像























tori
撮影;熊本西税務署周辺

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のっぽ様こんばんはっ
先程はご訪問ありがとうございましたっ!
さっそく遊びに来ちゃいましたww
……って、と、とりがいるじゃな△×:;・。@〜っ!!!
か、かわいすぎっwww
のっぽ様お手製ですかっ!?器用…私にとって最大の難関でございます。
>北朝鮮が再びミサイル発射…
私もニュースで見ました。
この行為はホントに理解しがたいです。
>前記事・業務上のネット利用
私が以前勤めていた会社はまさに管理下におかれていました。その人が今何をしているのか、トイレなのか喫煙なのかまで全てチェックされている状況下にいました。
その環境は慣れる事は難しく日々とてつもないストレスと闘っていました。働く側と雇う側、それぞれの言い分があるのでしょうが交わる事は難しいのでしょうねぇ。
とりちー
2009/05/26 21:59
とりちー様
ご訪問ありがとうございます。
作品@はい、手作りです。

それにしてもtoriをアップした日に
とりちーさんのページを訪問するなんて
偶然ですね^^

あらま、以前は大変な管理下の
会社にいらしたんですね。

毎日とはいきませんか
ぼちぼち作品をアップしていきますので
今後ともよろしくお願いします。
のっぽ
2009/05/27 06:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
半島の悲しい性 閑話の杜(かんわのもり)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる