閑話の杜(かんわのもり)

アクセスカウンタ

zoom RSS チベットに光を・・・。

<<   作成日時 : 2009/04/22 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「中国は子供のよう」 ダライ・ラマがチベット弾圧批判;産経ニュース

去年の今頃、中国によるチベット弾圧に対する抗議が世界中で盛り上がりを見せていた。
日本でも、北京オリンピックの聖火リレーに「フリーチベット」と叫びながら飛び込んで
取り押さえられる映像が流れた。
あれから1年。
一端は歩み寄りを見せるかに見えた両者も、オリンピック以降はまた元の状態に戻っている。
結局はオリンピックを控えて世界の国々からの抗議を和らげるためだけのスタンスのみだったわけで・・・。
まあ、中国に期待するほうが間違ってるな。
まったく信用できない国だ。

自らの主権が侵害され、宗教も弾圧され、大量の漢民族が送り込まれて、チベット民族の血が希釈される。
もし、自分たち日本人にそんなことが起こったら、耐え難いことだ。

でも、日常のばたばたにかまけて、そんな気持ちもすぐに忘れてしまう。
だめだな・・・。

抗議の気持ちを忘れないように会社のデスクにはチベットの旗を控えめに貼っている。


画像
























bouz
撮影;菊池渓谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またまたお邪魔します。
ちょっとご無沙汰してる間にスコットランドォ〜〜!?
とびっくりしてましたら、またマイエリアへ。。。

のっぽさんの写真集出たら、サイン握手会イチバン乗り〜♪(笑)
上手く言えないけど、私にとって『一人じゃない』って思わせてくれる温かくなる写真です。

中国…お金に非常にシビアで貪欲、コピー商品当り前の共存よりも自分主義のイメージです。
人間には宗教、考え方、好き嫌いや相性もありますが、
人間同士もっと寛容な心を持てたら…共存出来るのではないかなぁ。
でも少人数でさえなかなかままならない事、それが出来れば争いもないんですよねぇ…
ちと的外れなコメントですみません…(^_^;)



ゆらら
2009/04/23 09:48
ゆらら様

ご訪問ありがとうございます。
コメントも嬉しいです。
つーかサイン握手会は・・・無いと思います(^_^;)

中国のイメージ、僕と似てますね。
共存のためには違うものを認める度量がいりますよね。
のっぽ
2009/04/23 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
チベットに光を・・・。 閑話の杜(かんわのもり)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる